2005年02月13日

天使の耳


天使の耳

東野圭吾さんの短編小説。
この人の本はわりかし好きで、高校生のころから新刊が出るたびにチェックしていた。わかりやすい話の展開、癖のない文章で読むのに力がいらない。純粋な意味での娯楽小説だと思う。
この本は短編なので、移動中の電車の中や、寝る前に少しだけ読むのにちょうど良かった。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)