2004年12月

2004年12月31日

戦う男

戦う女が東にいる。
戦う男は今決めた。
リスクを負った判断をする。
逃げじゃない。
今やってることのステップアップを目指しながら、
肉体的精神的経済的にきつくとも、決める。
きっと生きることより楽だから。


とまあ、こっぱずかしいことを年の瀬に綴るモブログ日誌。


2004年12月28日

向上心

自分あんな風に仕事のできる人間になりたいとか、
もっとスポーツうまくなりたいっていう向上心は、
思っているだけならドン・キホーテと変わらないんだよな。
意識と行動が伴って初めて前に進むことができる。
当たり前か…


休みだ

久しぶりの長い休みだ。と言っても6日間しかないが…
夏休みも4日間しかなかったけど、風邪で寝込んでるだけだったし、
今回の休みは有意義にしたいな。
といいながらなんの計画も立てていない僕。
予定は未定。


2004年12月27日

お金の使い道

欲しいものリスト
・車…そんなに車好きでもないのでタイヤが4つついていればいい。

・服…お洒落であることは、人生を豊かにさせる手段の一つだとは
   思うけど、なにぶん私服を着るのが休日だけ。かといってスーツ
   にお金をかけたとしても、スーツに見合うだけの力量がまだないので
   きっとアンバランスで一番かっこわるくなってしまうだろう。(あいつ
   外見だけやん、みたいな。)

続きを読む

2004年12月26日

新人営業マン

車社会東海地方。
この季節チャリンコで遠くにお出かけするのはもう無理って感じで
車の購入を真剣に検討。

とりあえず近くのディーラーにお茶を濁しに行ってきた。
僕を担当してくれたのが僕と同じ新人営業マンの人。
とにかくめちゃくちゃ丁寧なのだがなにをしゃべってるのか全然わからん。
一つ質問をすると、十くらい返ってくるのだけど、そんなに返してくれなくて
いいし、なんてったって質問の答えになってないよ。。。
話はわけわからないのだけど、愛想と元気がいいので好感はもてた。
僕にはそんなもんないからね。



クリスマス異種格闘技戦

2f3cf11e.jpg
第一回クリスマス異種格闘技戦
■参加者
僕、僕の彼女、その友達と両親、そのお姉ちゃん、
お姉ちゃんの幼馴染と旦那さん
その幼馴染の従兄弟と従兄弟の赤ちゃん、そしてラブラドール。


クリスマスパーティーに招待される。
はるばる三重県四日市市まで殴りこみ。
そこに待っていたのは絵に書いたような幸せ家族、
大きなクリスマスツリー、おばちゃんの手作りケーキとおいしい料理、
やんちゃなラブラドール。

もうベタベタのパーティーという感じで、
ひねくれている僕は少し照れながら終止笑顔の一日でした。




うずまきコーヒー

6c1acd45.jpg
食後のコーヒー。
ミルクをほんのちょっぴり入れて、かき回す。
白い渦巻きができあがる。
この模様が僕をうれしくさせる。

もしコーヒーが世界からなくなってしまったら、
僕は一人で暴動をおこす。


ダブリンルームカフェ
http://aichi.e-machi.ne.jp/tmpl/cafe/nagoya/dublin.html

矢場とん

bdd0347c.jpg名古屋名物味噌カツ。
ここ矢場とんは名古屋でも有名な味噌カツ店ってことで、昼休みに行ってみる。
まあ普通においしい。普通においしいのだが、特に感動するほどでもなく、
味噌カツってのはすでに全国区の食べ物になってると思うので特別珍しいこともない気が・・・


矢場とん
http://www.yabaton.com/

2004年12月22日

いわゆるひとつの

やっぱり最近絶好調。
これまでの不調がうそみたい。
明けない夜はないようにやっぱり朝はやってきた。

今日も忘年会があり、あまり得意でもないそのような場から
帰ってきたら、酔ってるせいもありいつも憂鬱な気分になるのだけど、
今日はやたらと前向き。冬の空の星の瞬きに感動する余裕すらあり。
星は綺麗で、僕の心をきちんと照らしてくれるのを感じる。

相変わらずゴムのゆるいパンツを履いているがそんなことは気にしなくなった。身の丈を知り、自分のできる範囲を知る。特に何かがあったわけではないけれど。僕の心はメトロノームのように規則的に揺れている。あっちからこっちへ。生か死か、性か愛か。今なら選ぶほうは確実に決まっている。今ならね。


2004年12月21日

自分メディア

ブログをはじめた当初から、ここのブログは自分の羽を生やすための
場所にしようと決めていた。自分の意思を他人に伝えることで、
アウトプットをすることに意味がある。
ここから情報発信しようとか、万人に有用な記事を書こうという気は
さらさらない。
ただ単に、ごく少数の身近な人たちに少しだけのアピールをしたくて
自分の思いを切り取って貼っている。暗い記事も多いし、読んでいて
為になることなんて何一つないんだろうな。もともと自分の気持ちを
表に出さない僕だから、楽しいことがあっても、明るく元気な記事を
書くことなんてこともない。ひねくれてそのうえ達観している性格が
、どんなに楽しい事があっても、100%の伝達率で伝えることはしない
のだろう。困ったものだがそれが僕の性格。お気に入りの性格。



少数の人向け自分メディア。


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)