2006年10月

2006年10月30日

ウンガ、グッ、グッ。

思うに、「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」わけです。
ある漫画の21巻に描かれている瑣末な文章を僕も無断で転載してみました。
こんばんは。


というわけで、今日は午後から休みをとって、(まあ一応年中年休の身分なのですが、
一応年中やることがあるので・・・)婦女子と逢瀬に勤しみました。

それは久方ぶりに会う子でして、相も変わらず僕のツボを押すものですから、
これはこれはいい休日になったわけです。

そんななかで、帰る算段になり、とぼとぼと・・・・・・・・・


といろいろ書こうかなとキーボートを叩いている訳ですが、
いかんせん眠い!


てなわけで、どうでもいい話はまた別の機会に譲ります。
おやすみなさい。


(ではまた。)


2006年10月26日

喜びを紡ぐこととくだらないこと。

ワンピースを着ている女の子ってかわいいですね。
秋のせいか、最近めっきりそう思います。
生まれ変わったら一度は着てみたい。
こんばんは。


というわけで、本日、前の会社の同期が京都に出張に来ているとのことで、
彼と御飯を食べにいきました。
彼は出張が多い職場のようで東京在住ながらよく関西にきては、ちょくちょく
連絡をくれて御飯をご馳走してくれます。
同い年だし、ましてやかつてのライバルなのですが、お肉の誘惑や、その他
もろもろ、人の優しさにほののめかされ、ついつい甘えてしまいます。
本当に僕が彼に何かしたのだろうかと、働いていたときの自分の行ったいた
行動を思い返しつつ、正直に感謝の気持ちがいっぱいで、今自分の行っている
行動をますます精進するだけの理由ができるわけです。

今日はそれに輪をかけて、偶然にも僕が前に働いていた職場の先輩が電話を
くれました。それは本当に嬉しくて、受話器越しに、しかも人前で目から
涙をこぼすお粗末ぶりでした。
僕はその先輩がたにはお世話をしてもらって、迷惑をたくさんかけたのだけれど、
その恩返しをしないままに辞めてしまったわけで、そのことが唯一の心残りだった
のだけれども、そんなくだらない事実を抜きにして、気にかけてくれてるわけです。

そんなの嬉しいじゃないですか。
感謝してもしきれないし、そんな素敵な先輩が、僕にくだらない事を
やり抜くだけの力を与えてくれるのです。


喜びは前に。
紡ぎます。
僕もそんな人になれるように。
突出したことのない肥やしのような毎日をがむばります。


(ではまた。)



2006年10月25日

柔らかい体に柔らかい意志を実らせたくない。

「時間が解決してくれる」っていうありがちな台詞がでぇ嫌いです。
少なくとも時間は解決なんてしてくれません。
流れたものは流れたままです。
こんばんは。


というわけで、宣言します。


ダイエットします。
どうにもこうにも、体が重くて・・・
きっと体重はそんなにかわってないんやろうけど、
明らかに質感として柔らかい体になってきております。

必要以上に呑まない。
ムダに食べない。
時間を見つけて、運動する。
Aカップくらいにはなってみせます。


結局、今やってることって体力勝負のような気がするし。


(ではまた。)

2006年10月22日

心と体とダイエット。

今日昼間、机に座ってたらあまりにも眠くて、眠気を覚ますために
自分の顔を殴ったら、口の中が切れました。加減知らず。痛い・・・
こんばんは。



というわけで、この一週間、飲みに行ったり、クラブに行ったりとして少し
息抜きをしすぎました。
相変わらず机の上に座って難しい言葉と格闘している時間は変わらなくて
むしろ、明らかに伸びているし、机の上に座っている時間と比例して僕の
頭の中にくだらない知識が蓄えられてるのも実際に結果としてわかるわけです。

そんな感じで少し油断をしておりました。
まだ一番ではない。
やっている以上、この分野ではナンバーワン以外は意味がないし、
オンリーワンなんて言葉は辞書から消えてしまえばいいのです。
そんな中、平均以上の上位の何パーセントに入っていることに少しだけ
満足しておりました。
駄目です。
甘えすぎです。

僕には明らかに途は一本しかなくて、それがどれだけ細くても必ず渡らなくては
ならない訳があるわけです。後ろに下がる途もなく、こうなった以上横に反れる
こともできず、途が閉じる前に渡らないといけないわけです。
チャンスは一度だし、それを逃すと大げさではなく、本当に事にするつもり
なのです。

まだまだ睡眠不足、栄養不足、ストレス過多には程遠い。
むしろ炭水化物生活でちょっとだけ太ってるし(ーー;)

削れ、削る。


反省多き、一週間でした。
でもなぜか今になって猛烈にテンションが上がっております。
今なら負ける気がしない。


(ではまた。)







うん、そうだ、メトロに行こう。

毎回のことですが、タイトルにはとくに意味はありません。
すべて雰囲気でつけています。まあどうでもいいですが。
こんばんは。



というわけで、
「在外子会社の連結CF計算書作成の会計処理」と「企業結合会計における
持分プーリング法とパーチェス法を用いる際の会計処理」をつらつらと
勉強したあと(こうやって書くといかにも難しいことを勉強しているなって
いうことをアピールできます)、久方ぶりにMetroに行ってきました。

琉球的祭り、っていうイベントでした。
Metroの素敵なところは、やっぱりフトコロの深いところで、今回のイベントは
客層がバラバラ。乳呑み児から、髭だらけのおじいちゃん、普通の学生や、
イスラエルかやってきたねーちゃん。などなど、本当になんでもありで、
まさにホームグラウンド的なノリ。
そんななか、エイサーやら、オリオンビールのテーマソングやらの沖縄ダンス
ミュージックではしゃぎました。はしゃいで、初めてあそこのステージに
あがってしまいましたよ。いい汗ですね。

やっぱり、やっぱり、僕は音楽とお酒があればそれでいいんですよ。
はやくディジュリドゥを再開したいです。



(ではまた。)


2006年10月18日

兎角大事にする気持ち。

今日は酔っていて焦点があっていません。
でも文章をタイピングできる俺、すごい。中島らもみたい。
こんばんは。


というわけで、本日、尊敬する先輩と話をしていたのですが、
どうにもこうにも、やはり僕の人に接する物臭な態度が目に付くようで
やんわりとした指摘をいただきました。
確かに。それは反省なのです。
僕は性善説をとっているせいか基本的に僕の接している人に嫌いだとか、
そういった人はいないのですが、いかんせん、物臭で臆病なものですから
人と話をしたりするのがめんどくさかったり、ときには怯えたりもする
わけです。

人に対して偏見を持つな、ともいわれたわけですが、まさにその通り。
兎角、一つのことに集中すると他のことを考えることがお粗末になりがちで
そうしたある種の要領の悪さは僕を幸せにすることはないわけです。

でも、でも、結局のところ、率直に言えばそういった物臭な態度を守るために
前職を辞して今に至るわけですから、無為に助言を受け入れるのはなあー、
でも先輩の言っていることは間違いがないわけで、といったジレンマに陥る
わけではあります。

まあこれもまた、ありように言えば、深く考えることなく、今はやるべき
ことを最優先させるだけなのです。






あー、たまにはクラブ行きたい。



(ではまた。)



2006年10月16日

こうして僕は結局決められないまま。

どうも体が疲れております。
頭がボーっとしていつも以上に回らなかったり、
突然睡魔が襲ってきたり、
案の定手のひらが荒れてきたり。
今日はもう寝ます。
こんばんは。



というわけで、みやこ音楽祭行きたい!!!
ものすごく行きたい!
せっかく家から歩いて5分のところでお祭りが開かれるんだから。
ほんとに行きたい。
あそこで木村カエラを見たい。
チケット発売が土曜日。


かなり悩んでしまうううう。

みやこ音楽祭
http://miyakomusic.com/top.html



2006年10月15日

言葉にできない、ザッカンだらけ。

なにを思ったのか勢いで白菜を一玉買ってしまいました。
どうしよ。白菜祭りを開催しても食べれそうにありません。
こんばんは。



というわけで書き散らす、ザッカンだらけ。
続きを読む

2006年10月13日

本日、オトコノコの日、最終日。

眠いです。
こんばんは。


というわけで、ここんところ、頭にたんこぶはできるし、二日酔いと思ってた
頭痛が実は風邪だったり、とあまり体の調子がよくなかったのですが、それと
対応するように機嫌の調子もあまりよろしくありませんでした。ずっとオトコノコ
の日でした。

先週の日曜日、実家の近くの河川敷の芝生グランドにて秋刀魚を焼いて食べる宴が
あったのですが、それはもう素晴らしく楽しかったわけです。綺麗な芝生、空に満月、近くに川、といったバツグンのロケーションで、炭火で焼いた秋刀魚とビール、
泡盛、あまつさえスコッチやパティシエをやっている友達の本格デザートまで登場
して、かなりのご機嫌な宴だったわけです。

そんなこんなで宴も酣となったところで、みんながそわそわと片づけやら送迎などにいそしむ傍ら、昔からの友達と焚き火の前で話しこんでいたらですね、
ついつい熱くなり過ぎて、酔いも手伝ってか久方ぶりに感情を表に出して
議論にいそしんでしまったわけです。朝まで生テレビみたいな感じです。

そこで僕の言っている内容が論理的でインテリジェンスに満ち溢れた物言いなら
良かったのですが、いかんせんあまりにも稚気で皮肉めいた戯言のようなことを
言っていて相手の言うことに対してもあまりにもシニカルに受け止めすぎて、
ちょっと残念な状態になっていったのです。

まあまあそんなガキめいた対応、なんでとったのかとのちのち考えてみると、
やっぱりありように言えば、「将来の不安」のせいなのかと思いつき、
そればっかりはどうしようもないなあと、堂々巡りに陥っていたわけです。


そんな最近。


まあこれもまたありようにいえば、
いいタイミングでメールがきたり、可愛い女の子とお話できたり、
着ている洋服を褒められたり、といったことで気分なんて簡単に
変わるものなのですけどね。
単純ですから。
だから、本日、オトコノコの日、最終日のようです。

(ではまた。)






2006年10月10日

10/10のごはん

朝・・・五目御飯@いえ
昼・・・五目御飯@学校
晩・・・五目御飯・味噌汁@いえ


五目御飯祭り開催中です。




livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)