2007年05月

2007年05月27日

わりかしチキン。

早くも今日は夏、でしたね。
夏は好いません。
というよりも、夏の下宿部屋が好いません。
サウナかよ!ってなります。
こんばんは。


というわけで、本日、試験でした。

一応国家試験だからなのかわかりませんが、こういうときの専門学校の
対応が普段とくらべて格段に早く、試験が終了すると試験会場の出口で、
パンフレットとともに早くも解答速報をくばっておりました。
どんだけだ。

まあ一応その解答をもらって、今家路に着いているわけですが、いかんせん
自己採点する気になれないんですよね。


各々、個々人にてそれぞれの事情とリスクを抱えて本日1万人以上の人が
同じ試験を受けてたわけで、そんななか僕なんてのはやっぱり受験者の
平均年齢を上げる部類に入るのです。

やっぱり年を重ねていくにつれて抱え込むリスク、なんてのは積みあがっていく
もので、僕が抱えているリスク、なんてのはわりに大きいのかなあなんて思って
いて、年齢とリスクがリニアな関係になってないのかななんて。

試験中にこけたり、ころんだりするだけでホームレス、なんてのになってしまう
わけなんですよね。真面目な話。
わりかし大きなリスク、なわりにはそれについていかないチキンな心。

なもんで、正直なところ怖くてなかなか自己採点ができません。
手応え的には満足のいくものだったのですが。


でもでもまあまあ、そんな風に逃げていても仕方ないので、
たまのビールでも飲みながら一喜一憂することにします。


気が向いたら、結果や所感なんかも書いてみたり。
・・・いや多分書かないか。まあどっちでもいいや。


(ではまた??)

2007年05月25日

バランス取れてるかな。

いままでストレスと肩こりってのは感じたことがなかったのですが、
今、もしかしてこれがストレスってやつなのか、ってのを感じています。
わりと不思議。
こんばんは。



というわけで、わりかしどうでもいいこと。

身の回りに起こる出来事の大半を、2つに分けてしまえば
楽しいことと辛いこと、ですよね。
そしてこれがバランスが取れていないのが世の常で大抵のことにおいて
楽しいこと1割、辛いこと9割、くらいで成り立っているのじゃないでしょうか。

世の中楽しいことだらけ、ってのも問題があるので、これはこれで
仕方のないことなのです。

でもでも、
栄養にしろ、人間にしろ、睾丸の位置しろ、バランスがとれててこそ
役に立つもので、バランスってのはもの凄く大事なんですよ、きっと。

そんなもんだから、1割が9割に勝るってのも世の常で、

1割>9割

てな具合にもなるもんなんですよね、きっと。
そうじゃないとおかしいですもん。

こうしてバランスをとって世の中は回っているんですよ。多分ですけど。



まあまあ、そんなこんななんだかんだなわけで不安を押し隠す。



(ではまた。)

2007年05月23日

コンビニのおにぎりと弓矢の弦のお話。

今日の朝方考え事しながらチャリンコに乗っていたら、
電信柱にぶつかってしまいました。
ちょっとだけ一人コント。
こんばんは。


というわけで、そんななか考えていたこと。

選択すること。
大きく分けて、否、別に大きく分けなくても選択の結果は当然のように
二つあって、それはシンプルに突き詰めて考えると、つながるとことどのつまりは
生きることと死ぬこと、のどちらかを選択しているような気がするんですよね。
実は毎日もうDead or Aliveなんですよ。

例えば、
仕事を辞めるか辞めまいかとか、
素敵なあの子に告白しようかしまいかとか、
結婚しようかしまいか、
子供を生もうか生ままいか、
という大きな大きな選択だけではなくて
日々の小さな選択、それは例えば、
朝の通勤経路の決め方であったり、
その日の服装にリュックを合わせるか、メッセンジャーバックにするかであったり、
鮭おにぎりしようか、ツナおにぎりにしようかであったりと、
何気なく意識しないで選択していること、なんてのにも実はどえらく意味があったり
するわけなんですよ。これだけは絶対。


だから、日々、息が詰まるくらい弓の弦がキリキリと音が鳴るくらい、油断しないで
気を張るってのは案外と有意義であったりするのかなと最近思い始めました。


「男の生活と肉体は、危機に向って絶えず振りしぼられた弓のように緊張していなければならない―。」

三島さんの言葉です。なんとなくわかるよな気がしないでもなくはないような。



まあまあ、今ものすごく締まりのない体をしてますが。

(ではまた。)





2007年05月20日

今日の日記。

こんばんは。

というわけで、あと一週間。にて試験なわけですが、なんだかんだで来週行われる
試験を一応の目標に設定してきたのですが、ふと思うと、来週、その次の週と
終わっても、まだまだ8月まで続くんですよね。

なんだか、試験が終わったら、一日休みを作って漫画図書館にでも行くかもしくは
梅雨入り前に最近薦められたあぶり餅でも食べに行くかあ、とか考えていたのです
けど、間違いですね。

来週ある試験は通過点。
というよりか、資格取得自体が通過点なわけですが。


なんだか、息を抜くことを考えていたことが若干もったいない時間でした。
垂れることなかれ。

垂れるのは、ムダについているお肉だけにして欲しいものです。


(ではまた。)




2007年05月18日

減るだけじゃなく、立ったりも。

珍しくこんな時間に投稿。
こんばんは。

というわけで、名古屋の立てこもり事件ですが、
ニュースをツラツラと見ていたら、周辺住民の話を断りを入れておきながら、
「犯人はヤクでもやっていますよ。」
と、報道されていました。

そういうステレオタイプの悪意と偏見に満ち溢れた報道をした責任者は
漆にカブれるか、ハラ踊りでもしながら詫びればいいと思います。

ものすごく腹立たしいですよね。
立てこもりの犯人が麻薬常習者だろうとの何の役にも立たない出鱈目な憶測が
どのくらいの人を追い込むことになるのかわかっているはずなのに。そんな
最低限の倫理観すらかけている不公正で利己的な行為なんてものほうが、ある種
において、拳銃を突き立てて立てこもることより、暴力、であったりするような
気がするのですけどね。


まあまあ、銀杏BOYZは「なんて悪意に満ちた平和なのだろう。」なんてことを
歌っていますけど、なんだかピッタリですよね。

(ではまた。)



2007年05月17日

そんな温いこと僕も知らず。

納豆と油揚げで焼き飯を作ってみたら、これが実にうまいこと。
ようやくそういうことにまで小さな喜びを感じれるようになってきました。
順調、順調。
こんばんは。


というわけで、久しぶりの雨です。
雨上がりの匂い、なんてのは好きなのですが、いかんせんこのジメジメ感と
くせ毛がウネウネするクルクル感なんてのは好きません。

雨、といえば全く関係ないのですが、歯。
本日無事に治療終了しました。

先月から奥歯がなんだか痛いなあ、試験も近いし、早めに治しておくかとの
思いつきから歯医者に行ってみたら、なんでも親知らずが虫歯になりかけている
とのこと。そんなこと僕も知らず。

そこで曇ったメガネをしていた歯医者さんが僕にいくつかの素敵な治療方法の
提案を。
“瓦。
∈錣襦
ほっとく。


ほっとく??・・・迷わず、僕はを選びました。
歯を治療していることを生業としている専門家が職業を放棄してまで
僕に提案してくれたことに感嘆を覚えた・・・わけではなく、ただ、抜くとか
削るとか、なんだか痛そうなので放置プレイを選んでみました。

果たして、大丈夫なのかな。

歯医者さん曰く、
まああと半年くらいはなんとか大丈夫でしょーー。
とのこと。

なんだか軽くていい加減だけど、まあいいか。


そんな温い治療をしていた雨降り前の朝。


(ではまた。)



2007年05月16日

駄文も一日にして成らず、だから散文三昧。

今日、朝方通学途中、鴨川でポットに入れた珈琲とサンドウィッチで
朝ごはんを食べていたら、鷹だか鳶だかに手に持っていたサンドウィッチを
奪われてしまいました。
人生で二回目。
こんばんは。


というわけで、風邪もすっきりと治らず、あろうことかここにきて花粉症再発。
いつも遅れてやってくる花粉症。厄介だ。
厄介ついでに明日は歯医者。

そんな感じで目も鼻も歯も調子が良くないです。
頭と心が普段よりも健康な分、まだ救いがありますが。

まあまあ、試験まであと少し。
ということで、なんだか周りがピリピリ、ピリピリ。
お決まりの如く、同調してそんな雰囲気を醸し出すことに加担することを
忌み嫌う僕は、なんのその。気にせずむしろ余裕をもってホゲホゲと詰め込む
次第です。

なんだか一年半前に立てた計画がばっちりはまっていて、そのことに
一人ほくそ笑んでいたりするわけで、あとは、当たりくじだけが入った
くじ引きを引くのを待つような状態です。

体調だけが若干心配なだけでほかはいたって順調。
なにより心が健康であることがもの凄く頼もしいわけで、
モチベーションとか、心の浮き沈みとか、全部ひっくるめて考えて
片付けるものはひとり片付けたし、あとはなによりやるだけです。


一方でやるせないほど切なかったりするわけですが。

なにがどうとかではなくて、日々のなにげない小さな判断の積み重ね、が
今の僕の進む途だとか周りの環境を決めるわけですが、そんな好むと好まざると
自分で決めてきたことの堆積こそがレーゾンテートルなのかなあなんて
なんて思うと、もっとできるだけ、誰にもできないような、孤高で自分だけの
判断を毎日していかないといけないなあ、なんて思う次第なのです。

なんというかローマは一日にして成らず。っていうとこ。


散文三昧。



(ではまた。)






2007年05月13日

しびれるキノコ、もしくはしなびたほうれん草。

そういえば今日は母の日でしたね。
お母さん、いつもありがとう。
って見てないだろうけど。
こんばんは。


というわけで、先週、猛烈なやる気に襲われたついでに満月の綺麗な夜が
僕にキカイの体を授けてくれたのか、ほとんど寝なくても済むような体になり、
さらに、ドキンちゃんが僕にバイ菌を授けてくれたのか、10年ぶりくらいに
歯医者に行き、2年ぶりくらいに風邪を引いて、物を食べなくてもいい体に
なっていました。安上がり。

まるでポパイがしなびたほうれん草を食べたかのような、もしくはマリオが
しびれるキノコを食べたかのような状態、要するに中途半端なトランス状態
になっていたわけですが、それとは関係なくここにきて先月から続いていた
混乱状態も一時休止。

というよりも、それはそれで、これはこれ、というような、僕お得意の曖昧
で煮え切らない態度でお茶を濁して物事を一人よがりに先送りにする。


なんだか、最近仲良くしてもらっている友達と学校帰りにケーキを食べていた
のですが、彼女が話をしていた内容がもの凄く印象的で、うまく表現できない
のだけど、もう天晴れで、洗練されたdeterminationというか、もう僕はお手上げ
なわけで、感服とか完敗ってこういうことだ、なんて思ったりしたのです。


そんな思いとともに連鎖的に感得したことが、大げさに言うに人って、
確固たる思いをもって自分が主体として体感する先にしか成長ってないよう
に思うのですよね。

体験する。体で感じる、ってのは思いのほか大きな要素で、そのことができて
ないのが僕の焦燥の根源、であったりするのかなと。

とりあえずDoooooooo!!
なんですよね。わかってるんです。
動け、そして悩め、と学生時代には耳にタコができるくらい聞かされました。


もうこうなるとツラツラと書くことで、カラカラ空回りしていくことが
よくわかります。

もの凄く、もの凄く、前に進みたい、足踏みばかりはもう飽いた。








とまあ、今日はお酒を飲んで時間を無駄にしたので、酔った筆先ででも
せめて明日からのテンションをあげるような文章でも書かないと。

あと2週間。
むひょ。


(ではまた。)







2007年05月06日

ねる、くう、やる。

ソフトバンクに勤めていると子供を5人作ったら500万円の祝い金がでるそうな。
これと赤ちゃんポストを組み合わせると、大もうけですね。
いつのまにやら日本も美しい国になりましたね。
こんばんは。


というわけで、決めました。

ぶれてる気持ちも、ここ最近の混乱っぷりも、全部桃に詰め込んで、
ドンブラコと川に流してしまうことにします。自己完結。

兎角不安になりがちな梅雨入り前の連休だから、少し余裕を持ちすぎて
他の事を考えることが多くなりがちだったのですけど、なんだかやることを
やってから順序良く、ステップを刻んでいかないといかなくて、
視野を絞って削って集中することが、不器用な僕には必要なことなのかなと。

将来のキャリアプランだとか、大人計画だとか、そんなものを妄想したり
するのは少しばかり気が早く、ここ一番の決定機を逃さないためにも、
言い訳しないためにも、やるべきことしかやらないようにしないと。

ねる、くう、やる。
初志貫徹、言い訳のないシンプルな生活をしよう、そうしよう。


揺るがないもの。
少しばかり遅れた春風にのってやってきたようです。



今日の一曲
春風/くるり


(ではまた。)


パンチの効いた内容で。わりかし。

白いスカートって可愛いですよね。
なんだかんだでそういうフェミニンな格好している子が
わりかし好きだったりします。
かといって自分がマスキュランなわけではないですが。
こんばんは。


というわけで、執拗なまでに備忘録。というより、徒然。

今日、これまた執拗なまでに全日本答案練習会なるものがありまして、これにて
5月下旬に行われる試験までのすべてのカリキュラムが終わったわけです。

聞くところによると、今日行われた試験の成績というのは思いのほか本番の
試験の順列を反映するようなのですが、ここにきて、大ゴケ。

一回目の成績が良かったせいか、油断したのか今回はかなりパンチの効いた答案
を作り上げてしまいました。

パンチが効きすぎてノックダウン。寸前。

試験が終わって周りの反応を聞くに、みんな各々にパンチが効いた表情や感想
だったのですが、それがどこまで効いているのかなんてのは本人のみが知るわけで、
これは試験の成績が返ってくるまで予断を許すべからずってな具合です。

そんななか、なぜこんなにパンチが効いてしまったか、てことを必然的に
考えるのですが、これはもう集中力の問題かと。

試験中、頭がマルチタスク状態になってしまうんですよね。
問題を解いてると頭の処理に手が追いつかず、余った頭の処理能力で全く別のこと、今日なら大丸の近くにある立ち飲み屋の串カツのことを考えていたり、
友達の結婚式に着ていく格好について考えていたりしたわけです。

インテル風に言えばデュアルコア搭載脳みそ、なのですが、
これはもう致命的に集中力を欠いている証拠ですね。

そこでもう一歩踏み込んで、なぜ集中力を欠いているのか、なのですが、
これももう自明の如く、ここんところの心のぶれ様が如実に出ているの
でしょうね。

なんとかしないといけないのですが、なんとかなるのかどうだか。
なんとかしかならないのもどうかとおもうし。

まあいいか。
これもまた天気か女の子と生理と一緒で時が経てばどうにでも
なるもんだと思ってみることに。経験的にね。


(ではまた。)






livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)