2005年04月26日

単純明快解決策発見済

山あり、谷あり。
夜が来て、朝が来る。
月と太陽が交代する。
春が来て、夏が来る。

そんな風に時間は過ぎていくなかで、僕の不安定さは定常的になってゆく。
昇らない太陽はないとは思うけどさ。
いつになったら昇ってくるのか僕の気持ち。
朝はくるけど、曇り空で太陽が日を指さないって感じだなあ。
胸を覆う埃を払ってしまえば、太陽は顔をだすのだろうけどさ。
わかっているんだけどさ。


絶対誇りは捨てられない中途半端インテリな僕。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)