2006年09月09日

ときどき顔出すほんとの気持ち。

今日帰ったら、なぜか家に焼酎が置いてありました。
家でゆっくりと、「概念フレームワークにおける損益等の諸要素の概念的定義」に
ついて調べようと思っていたのですが、いかんせん、お酒が勝ちました。
一人飲み会。でろでろです。
こんばんは。


まあまあ、半年前から肩身の狭い思いをしながらニートを続けて、
どうでもいい資格取得のために、日々、黙々と机の上で格闘しているわけです。
社会的には資格なんてどうでもいいのですが、今の僕にとってはそれは自分勝手に、
我侭に、生きるためのパスポートなわけで、それはそれで思いのほか、
重要視しているわけです。周りには1回で取れなければ腹を切ると言っています。
多分、それは大枠、自分の心の持ち様としては当たっているわけで、
有限実行はするつもりです。しないことには越したことのないわけですが。
ただ、そういった究極的で偏った決意というのは、自らの大きな糧になるわけではあるけれど、聞こえによっては大げさだとか、自己陶酔の範疇だとかと思われるわけ
です。だから天邪鬼な僕は、言葉で煙に巻くのが得意なのですが、ここだけは、
譲らず、煙に巻かずに言っておきたいわけです。
僕には明るい将来しか存在しないわけで、それに向けて、いろいろなものを削って、
もてる限りの力をつかって精進しているつもりです。
もちろん日々反省で至らぬところは多々あるわけですが。
だから、望まない将来がくることは自分がもてる限りのの力を使って阻止するわけです。だけど、万に一つにでも、自分の力が及ぶことのない望まない将来が来たとは、僕はそれを全力で否定します。決して受け入れません。
事実を認識することを許容しない我侭な性格なだけですが・・・



たまに酔っているときに書くマスターベーションのようなものでした。
乱文。


あっ、明日はまたまた逢瀬です。楽しみ。


(ではまた。)



















トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)