2006年09月28日

我侭の隠し方。オーラの創り方。

携帯の壁紙をかなり久しぶりに変えました。
もんのすごくキュートになりました。
自慢したいので、僕に会ったら一言言ってください。
自慢します。
こんばんは。


というわけで、
相変わらず書くことがないので、たまにつらつらと書き連ねる、僕の夢想。
(今日も酔ってます。ついつい甘えてごちそうになってしまいました。)


自分の我侭を貫くために、我がままなことをずーとやっているわけで、
そのスタンスを崩すことができないために、今の在り様なわけなのですが、
それはもちろん自分の自我とか、個性とか、夢とか、存在意義とか、他人から
みれば存外にどうでもいいことを重視するあまりの有り様なわけです。

ただここんとこわがままに生きること、と自律して生きること、を
実のところ本当の意味で混同しているのではないかと思ってきているのです。

僕の目指すべき生業として、精神的独立性、つまりはいかなる圧力や誘惑に
も屈せず、自己の信念や良心に基づいて常に公正不偏の態度を保持すること
が非常に重要で、そういったindividualなヒトとしてのスタンスを確立したい
が為の、今の我侭なわけです。
ここで、「我侭な行為が独立性を養うのか」というとそれは、やはり、混同して
いて、少し違うのではないのか、感じる次第です。

大事なことはウチに秘めることで、ソトにだしてしまうことがやっぱりまだまだ
なのでしょうね。

カッコイイオトナはオーラが違うでしょ。

オーラの生成作業のために、我侭をウチに隠していかないと。


(ではまた。)







トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)