2006年10月18日

兎角大事にする気持ち。

今日は酔っていて焦点があっていません。
でも文章をタイピングできる俺、すごい。中島らもみたい。
こんばんは。


というわけで、本日、尊敬する先輩と話をしていたのですが、
どうにもこうにも、やはり僕の人に接する物臭な態度が目に付くようで
やんわりとした指摘をいただきました。
確かに。それは反省なのです。
僕は性善説をとっているせいか基本的に僕の接している人に嫌いだとか、
そういった人はいないのですが、いかんせん、物臭で臆病なものですから
人と話をしたりするのがめんどくさかったり、ときには怯えたりもする
わけです。

人に対して偏見を持つな、ともいわれたわけですが、まさにその通り。
兎角、一つのことに集中すると他のことを考えることがお粗末になりがちで
そうしたある種の要領の悪さは僕を幸せにすることはないわけです。

でも、でも、結局のところ、率直に言えばそういった物臭な態度を守るために
前職を辞して今に至るわけですから、無為に助言を受け入れるのはなあー、
でも先輩の言っていることは間違いがないわけで、といったジレンマに陥る
わけではあります。

まあこれもまた、ありように言えば、深く考えることなく、今はやるべき
ことを最優先させるだけなのです。






あー、たまにはクラブ行きたい。



(ではまた。)



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)