2006年11月11日

マッシュルームになるまでは。

相変わらず髪型が決まりません。
マッシュルームにするために伸ばしているのですが、
うまくまとまりません。あと少しの辛抱なのですが。
こんばんは。


というわけで、今日の夕方、友達が近くでお茶を飲んでるとのことだった
ので、ノコノコとお散歩がてらに出かけたわけです。

僕、友達、その同期の子、ってな具合で三人でホゲホゲとお茶を啜っていた
のですが、話の中心はやっぱり彼女達の仕事の話なのです。
要約するに自分の思い通りに会社が動いてくれないことに対する愚痴がほどんど
だったわけです。

まあまあ、僕も一年前はほとんど同じようなことでで悩んでいたし、
それに答えを出して今の途にいるわけですから、それはまあ懐かしい気持ち半分で
聞いていたわけですが、そんななかどうしても気に障ることをツラツラといわれた
ものですから、それはいかがなものかと少しばかり機嫌を悪くしてしまいました。

それは彼女達がお世話になっているはずの先輩や上司達の不平不満を噴出して
いたことでした。もちろん、そんな愚痴は至極当たり前のネタでして、愚痴を
出しているほうからすれば、悪気なんてこれ微塵もないとは思うのですが、
いかんせん聞いているほうは、どんな人かも知らない、それも自分達より明らかに
経験のあるであろう目上の先輩のことを好いようには言わないわけですから
そればっかりは、ちょっぴり不快だったのです。

だって、少なくとも自分が見えている他人が、その人のすべてではないし、
その一面だけで他人を批評して、イメージを形成させてしまうのは本当に
下劣だと思うわけですね。

自分が決してそういう下劣な行為をしないかと言うと、胸が痛むところが
あるので、声を大にして言うことができないもどかしさだけが残ってしま
いました。


boogaloocafe四条店
http://www.boogaloocafe.co.jp/s_sijou/index.html

ちなみに上のお店に行ったのですが、女子の店員さんが最悪に印象が
悪かったです。きっとオンナノコの日だったのでしょう。



(ではまた。)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)