2006年11月14日

地軸の傾きに振り回される、冬。

夏に食べてた素麺がまだ残ってます。
季節外れの素麺、食べる気がしません。
こんばんは。


というわけで、毎日同じ時間に起きて、同じ時間に家を出ているわけですが、
やっぱり地球の地軸が歪んで自転しているせいか、日に日に太陽が低く、そして
日に日に寒くなっていくわけです。苦手です、冬。

なにが苦手って、この部屋、尋常ではないくらい寒くなるんですよ。
去年の1月から住んでいるわけですが(というかもうすぐ一年になるんね。)
来た時は本当に凍死してしまうのではないかと思いました。
布団に包まって眠っているにも関わらず、吐く息が白くて、寒さで目が覚める
のです。寒さで目が覚めるなんて、ヒマラヤ山脈の5000M級の高地で寝たとき
以来だったものですから、その衝撃といったらある意味において最大級でした。

そんな冬、がやってきます。
なんとしても、なんとしても、そんな冬は今年で終わることができるように
遮二無二がむばります。
とどのつまり、正直な文言で表現すると、
まさに生命ををかけているような気がしないわけではないわけです。
(そんな自分、かっこいい。)


(ではまた。)



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)