2006年11月16日

銀河への手紙、行方知らず。

ここ最近のいじめ問題には不快しか感じませんね。
「美しい国」を反対から読むと「憎いし苦痛」と読めるんですよ。
そんなことにはならないようにと切に願います。
こんばんは。


というわけで、ここんところどうも弛んでいるのか、緩んでいるのか、
毎日睡眠時間は同じはずなのに、午前中に睡魔が襲ってきます。
残念ながら、時間だけがこの世の中で唯一平等なので、僕だけ欲張って
一日を長くしたりすることはできません。できないのであれば、
一点だけを見つめて、周りを見えないようにして、猪突すればいいので
すが、いかんせん、まだまだ自分規制ができず反省の日々です。

集中できなかったり、息が抜きたくなったり、お腹が減ったり、
女の子のことを考えたり、そんなムダなことばかり。

今だけは僕の心と体がキカイであって欲しい。
今だけは関心事のすべてをを自分だけにする。
今だけはケツの穴いがい守るべきものはない。


まあまあ、バランスが大事ってことは十重にも劣らぬくらい重要ってこと
は承知ですけど、芯のところの心持としてはこのくらいが適当なのかなと。



寒くて手が悴んできたのでこのへんで。


(ではまた。)










トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)