2007年10月14日

テビチーと、金木犀と、気になる婦女子と。

なにかと金木犀の匂いが鼻につくようになりましたね、秋到来。
金木犀の匂いを嗅ぐとトイレをイメージしてしまいます、科学過ぎ。
こんばんは。


というわけで、久方ぶりにうだうだと。


昨日は友達のお誕生日ということで、沖縄料理屋さんでささやかに会を催した後、
なんだかのんびりといい会だったということもあり、テンションがわりとあがって、王将の餃子持参でカラオケBOXに行き、新曲などには目もくれず10年も前から歌っている曲を歌い続け、そのまま近くの友達の家で雑魚寝をする、といった学生のような遊び方をしていました。


そして、今日。
突然やってくるオトコノコの日だったようで、すべての予定をキャンセルして、というか全部すっぽかして、携帯の電源をOFFにしてずっとTVの画面を眺めていました。

もちろんTVなんぞを眺めているものの、あまりにくだらないので流れる内容なんて頭に入っておらず、起きているのか寝ているのかも曖昧なくらい意識が白濁して、夢の世界とこっちの世界と行ったり来たり。幽体離脱したかのように、僕の周りを土星のわっかのようにクルクルとちっちゃい僕が回っていました。


完璧にドロップアウト。
OFFの日、なんて言い方がありますが、今日はまさしくそれ。
原因はもう容易に想像できて、今の宙ぶらりんの状態がそうさせているのでしょうね。何をするにしても頭の片隅で試験の結果が気になり、どうにもこうにもなりません。

頭の片隅に残るのが可愛い婦女子のこと、だったらいいのですが、試験の結果なんてのはあまりにも色気がないので少しうんざりなのですけどね。仕方ない。


まあまあ、明日は電源入れて、やったります。
オトコノコの日も強制終了。


(ではまた。)





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)