2004年08月26日

100万円が道端に落ちてることはそうそうない。

明らかにサイズが合ってない大きめのスーツ、メガネがずれそうなくらい

下を向いてとぼとぼ歩いているサラリーマンを見た。しかも年齢は同じくらい。

メガネをかけていたからコンタクトを落としたわけでもないし、寝違えて首が痛くて

前を向いて歩けないわけでもなさそうだ。100万円が道端に落ちていることもそうそう

ないだろうし。

どうみても疲れているだけだ。

どんなに疲れていても、仕事で失敗しようとも、プライベートがうまくいかなくても

僕は歩くときは常に前を向いて歩きたい。

あまり会話のない父と子ではあったが、僕が就職する前に一言だけ言ってくれた。

 『KEEP YOUE CHIN UP 上を向いて頑張れ。』

この言葉だけは必ず守りたい。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)